Top / 対外発表 / 2016

対外発表/2016

対外発表/2016


_ 対外発表 2016年(平成28年)

_ 論文

An Orbit Determination from Debris Impacts on Measurement Satellites
Orbital Objects Detection Algorithm Using Faint Streaks
  • Makoto Tagawa, Toshifumi Yanagisawa, Hirohisa Kurosaki, Hiroshi Oda, Toshiya Hanada
  • Advances in Space Research, Vol.57, No.4, 2016, pp.929-937.
Research and Development of Orbital Debris Removal using Low Density Material
Earth Escape from a Sun-Earth Halo Orbit Using the Unstable Manifold and Lunar Gravity Assists
  • Hongru Chen, Yasuhiro Kawakatsu, Toshiya Hanada
  • Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.59, No.5, 2016, pp.269-277.
Phasing Delta-V for the Transfer from a Sun-Earth Halo Orbit to the Moon
Towards A Better Understanding of Space Debris Environment
  • Toshiya Hanada
  • International Journal of Aerospace System Engineering, Vol.3, No.1, 2016, pp.5-9.

_ 解説記事

_ 講演

スペースデブリ問題の現状と世界動向(基調講演)
  • 花田俊也
  • スペースデブリ脱軌道のためのLaser Nudging技術に関するシンポジウム(テクノ・シンポジウム名大),平成28年2月
Towards A Better Understanding of Space Debris Environment (Keynote Lecture)
  • Toshiya Hanada
  • Proceedings of the Asian Joint Symposium on Aerospace Engineering 2016, May 18-21, 2016, Jeju, Korea
スペースデブリ環境の理解に向けて
  • 花田俊也,吉川顕正,阿部修司,藤田浩輝
  • 第60回宇宙科学技術講演会,1F03(JSASS-2016-4083),平成28年9月6日
宇宙天気活動に伴うスペースデブリ環境の変動と予測
  • 阿部修司花田俊也,吉川顕正
  • 第60回宇宙科学技術講演会,1F04(JSASS-2016-4084),平成28年9月6日
観測衛星を用いた微小デブリ軌道面推定法の評価と改善
  • 藤田浩輝古本政博花田俊也
  • 第60回宇宙科学技術講演会,3F03(JSASS-2016-4425),平成28年9月8日
地球周辺電磁場の影響を考慮した微小デブリの軌道モデルの構築
  • 明里慶祐,山川宏,花田俊也,藤田浩輝
  • 第60回宇宙科学技術講演会,P39(JSASS-2016-4708),平成28年9月8日
Sub-millimeter Size Debris Monitoring System with IDEA OSG 1
  • Masahiko Uetsuhara, Mitsunobu Okada, Yasunori Yamazaki, Toshiya Hanada
  • The 17th Annual Advanced Maui Optical and Space Surveillance Technologies Conference, Maui, HI, September 20-23, 2016
Influences of Mega Constellations on the Orbital Environment
  • Shiki Kitajima, Shoji Abe, Toshiya Hanada, Satomi Kawamoto
  • The 67th Int'l Astronautical Congress, Guadalajara, Mexico, September 26-30, 2016, Paper IAC-16,A6,2,5,x35062.
Designing Multiple Space Debris Removal Missions Considering Fuel Efficiency and Environmental Remediation
  • Ryusuke Harada, Koki Fujita, Toshiya Hanada
  • The 67th Int'l Astronautical Congress, Guadalajara, Mexico, September 26-30, 2016, Paper IAC-16,A6,6,11,x34447.
Monitoring the Health of Geosynchronous Spacecraft Using Photometric Observations
  • Toshiya Enomoto, Toshiya Hanada, Koki Fujita, Yukihito Kitazawa
  • The 67th Int'l Astronautical Congress, Guadalajara, Mexico, September 26-30, 2016, Paper IAC-16,A6,IP,23,x34674.
長期の宇宙天気活動に伴うスペースデブリ環境の推移予測
  • 阿部修司花田俊也,吉川顕正,平井隆之,河本聡美
  • 第3回「太陽地球環境データ解析に基づく超高層大気の空間・時間変動の解明」/第320回生存圏シンポジウム/平成28年度名大ISEE研究集会/平成28年度極地研研究集会,平成28年10月19日.
メガコンステレーションが軌道環境へ与える影響評価
  • 北島志樹,阿部修司,花田俊也,河本聡美
  • 第7回スペースデブリワークショップ,H1,平成28年10月20日.
光学観測による宇宙物体の動態観測
長期の宇宙天気活動に伴うスペースデブリ環境の推移予測
  • 阿部修司花田俊也,吉川顕正,平井隆之,河本聡美
  • 第7回スペースデブリワークショップ,P4,平成28年10月20日.
微小デブリの軌道上観測による環境推定
衝突フラックスによるスペースデブリの危険性評価
スペースデブリ環境の理解に向けて(特別講演)
  • 花田俊也
  • 第140回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会,平成28年11月20-23日.

Last-modified: 2017-02-15 (Wed) 13:00:23 (130d)