Top / 眞庭知成

Diff of 眞庭知成


*&ruby(まにわ かずあき){眞庭知成}; [#name]
RIGHT:[[>> English &ref(Images/USA-small.png,nolink);>Kazuaki Maniwa]] 
#ref(maniwa.jpg,nolink,right,around)
#ref(mani.jpg,nolink,right,around)
-2009年 卒業
-2011年 修士課程修了

-研究室旅行幹事
-日本商工会議所簿記検定二級
-第三級アマチュア無線技士
-モデルロケット第四級
-研究活動
--[[小型衛星プロジェクト>SmallSatellite]]
---QSAT 通信系
---QSAT  磁気センサ
---[[地上局KUGS>KUGS]] 運用メンバー

--[[CANSATプロジェクト>CANSAT]]
---2008 (チーム SCOREs) 能代コンペ,ARLISSに参加
---ハードウェア全般
---ソフトウェア全般
---ミッション機器(カメラ)

--[[衛星設計コンテスト]]
---2008 通信衛星を利用したデブリ観測システム
---2009 宇宙環境保護のための低コストデブリ除去衛星

--[[スペースデブリ>SpaceDebris]]
---デブリ数の将来予測(低軌道) 衝突解析 デブリ除去 CG作成

//--[[ホームページ>SSDL-WWW:]]
-[[メール送信フォーム&ref(Images/mail.gif,nolink);>SSDL-WWW:mail/form-j.html]]
//--[[メール送信フォーム&ref(Images/mail.gif,nolink);>SSDL-WWW:mail/form-alumni.html]]

**査読論文 [#jd746692]

:Orbital Debris Modeling at Kyushu University|
--Toshiya Hanada, Yuya Ariyoshi, Kazuki Miyazaki, Kazuaki Maniwa, Junko Murakami and Satomi Kawamoto
--The journal of space technology and science vol.24 no.2 2009 spring 
:地球低軌道における軌道環境の安定性について|
--眞庭知成*, 花田俊也, 河本聡美
--日本航空宇宙学会論文集, vol.58, no.674, pp.83-89, 2010.
**対外発表 [#ba9a5ab9]

:中国衛星破壊実験のモデリング|Modeling of Fragments Broken up from Fengyun-1C
--眞庭知成*, 宮崎一樹, 鳴海智博, 花田俊也
--日本航空宇宙学会西部支部講演会(2008), A-2-3, pp. 63-64, 2008年11月14日.
:中国衛星破壊実験の軌道環境に対する影響評価 【最優秀講演賞】|How influence Chinese Anti-Satellite Tests to Orbital Environment
--宮一樹*, 眞庭知成, 鳴海智博, 花田俊也
--日本航空宇宙学会西部支部講演会(2008), A-3-1, pp. 67-68, 2008年11月14日.
:Impact of Fengyun-1C Accident on the LEO Debris Population|
--Kazuki Miyazaki*, Kazuaki Maniwa, Toshiya Hanada
--27th ISTS, 2009-r-2-03, July 7, 2009.
:Benefits of Active Debris Removal on the LEO Debris Population|
--Kazuaki Maniwa*, Toshiya Hanada
--27th ISTS, 2009-r-2-04, July 7, 2009.
:UNISEC総会2009 UNISONプロジェクト|UNITEC-1運用支援のための地上局設備拡張実験・受信協力体制拡大プロジェクト
--眞庭知成*, 鶴田佳宏
--UNISEC ワークショップ 2009, 2009年7月25-26日.
:地球低軌道における能動的デブリ除去の効果について|Benefits of Active Debris Removal on the LEO Debris Population
--眞庭知成*, 花田俊也, 河本聡美
--第6回宇宙環境シンポジウム 2009, 2009年10月30日.
:QSAT-DMC: A Constellation of In-situ Debris Measurement Satellites|
--Kenta Nagamine*, Kazuaki Maniwa, Shunsuke Onishi, Toshiya Hanada and Akira Sakurai
--Asia-Pacific International Symposium of Technology 2009, Nov. 4-6th.
:UNISECワークショップ2009 UNISONプロジェクト中間報告|UNITEC-1運用支援のための地上局設備拡張実験・受信協力体制拡大プロジェクト
--眞庭知成*, 米山明里
--UNISEC ワークショップ 2009, 2009年11月27-28日.
:スペースデブリ発生防止ガイドライン遵守に向けた研究|How Can We Comply with Space Debris Mitigation Guidelines?
--眞庭知成*, 花田俊也
--第54回宇宙科学技術連合講演会, 3I13 JSASS-2010-xxxx, pp. xxx-xxx, 2010年11月19日.