Top / 宮田喜久子

Diff of 宮田喜久子


*&ruby(みやた きくこ){宮田喜久子}; [#name]
RIGHT:[[>> English &ref(Images/USA-small.png,nolink);>Kikuko Miyata]] 
//#ref(miyata.jpg,nolink,right,around)
#ref(kiku.jpg,nolink,right,around)
#ref(miyata.jpg,nolink,right,around)
//#ref(kiku.jpg,nolink,right,around)
-2007年3月 卒業~
在学期間 2003年4月〜2007年5月~
九州大学工学部機械航空工学科航空宇宙工学コース~
卒業論文:“Modeling Second Order Gravity Gradient Effects on Satellites of Arbitrary Shape”~
指導教官: Jozef C. van der Ha教授~

-2008年3月 修士課程修了~
在学期間 2007年4月〜2008年3月~
九州大学工学府航空宇宙工学専攻~
修士論文:“Attitude Control for QSAT Using Magnetic Torquer”~
指導教官: Jozef C. van der Ha教授~

-2011年9月 博士課程修了~
2008年4月〜2011年~
博士論文:“Guidance and Control of Deep Space Small Probe”(小型深宇宙探査機の誘導制御)

-第三級アマチュア無線技士
-日本航空宇宙学会所属

//--[[ホームページ>SSDL-WWW:]]
//--[[メール送信フォーム&ref(Images/mail.gif,nolink);>SSDL-WWW:mail/form.html]]

*研究 [#j1834f5d]
-小型人工衛星の姿勢制御・ミッションデザイン

*小型衛星プロジェクト [#o80c8a13]
-姿勢制御系
--磁気トルカによる3軸制御則の構築・シミュレーション
--磁気トルカの制作

*査読論文 [#x2b37a87]
-Comparison of Different Magnetorquer Control Laws for QSAT~
TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND
SPACE SCIENCES, SPACE TECHNOLOGY JAPAN
Vol. 7 (2009) , ists26 (ISTS Special Issue: Selected papers from the 26th International
Symposium on Space Technology and Science) pp.Pd_43-Pd_48

-Attitude Control by Magnetic Torquer~
Advances in the Astronautical Sciences, Vol. 134, AAS 09-169, 2009, pp. 1041-1060.

*口頭発表(第一著者) [#s4593f04]
-Model for Gravity Effect on Satellite of Arbitrary Shape~
日本航空宇宙学会西部支部講演会(2006), pp. 27-30, 2006年11月17日

-Attitude Control by Magnetic Torquer for Small Satellite~
2007 JSASS-KSAS Joint International Symposium on Aerospace Engineering, pp. 256-259, 2007年10月11日

-深宇宙高精度位置決定システム~
第15回衛星設計コンテスト, 2007年10月28日.電子情報通信学会賞

-深宇宙高精度位置決定システム~
IEICE宇宙・航行エレクトロニクス研究会, pp. 59-64, 2008年1月24-25日.

-Comparison of Different Magnetorquer Control Laws for QSAT~
26th ISTS, 2008-d-49, June 5, 2008.

-小型人工衛星 QSAT における姿勢制御系~
日本航空宇宙学会西部支部講演会(2008), OS-4-4, pp. 41-44, 2008年11月14日.

-Attitude Control using Magnetorquers~
19th AAS Space Flight Mechanics Symposium, Savannah, GA, February 8-12, 2009, Paper AAS-09-169

-Low-cost Asteroid Mission Opportunities using Venus Gravity Assist~
60th International Astronautical Congress, IAC-09.C1.5.5, Daejeon, October 14, 2009.

*口頭発表(共著者) [#oc0dd951]
-Attitude Determination and Control System for QSAT~
17th Workshop on Astrodynamics and Flight Mechanics, A-6, ISAS/JAXA, 2007年7月23-24日.

-Attitude Control for Low-Cost Asteroid Mission~
日本航空宇宙学会西部支部講演会(2009), F-1-1, pp. 215-218, 2009年12月10日.

-慣性座標指向の小型人工衛星の磁気トルカを用いた姿勢制御~
日本航空宇宙学会西部支部講演会(2009), F-1-3, pp. 223-226, 2009年12月10日

*研究補助 [#dcd58fb3]
-JAXA受託研究スペース・デブリ推移モデルの研究 花田俊也准教授~
2008年8月〜現在
-Thermal Radiation Study Jozef van der Ha教授~
2009年7月〜現在
-Mission Analysis of in-situ Debris measurement satellite~
〜2010年3月

*教育関連[#l7fb14b9]
-九州大学ティーチングアシスタント
2009年
--“Spacecraft Dynamics”Jozef van der Ha教授
--“軌道力学”花田俊也准教授
--“軌道摂動論”花田俊也准教授

* 研究助成等[#ubd34c87]
-日本学生支援機構第一種奨学金~
2003年4月〜現在
-日本学生支援機構第一種奨学金半額返還免除~
2007年4月〜2008年3月
-九州大学ベンチャービジネスラボラトリーアカデミック・チャレンジ研究資金~
2008年9月〜2009年3月
-九州大学大学院博士後期課程奨学金~
2008年4月〜2009年3月
-九州大学女性研究者支援室 羽ばたけ!フルッツ(国際学会派遣支援)~
2009年2月
-九州大学工学府博士後期課程学生研究助成~
2009年4月〜2010年3月

* 受賞等[#ubd34c87]
-第15回衛星設計コンテスト電子情報通信学会賞~
2007年10月28日~
プロマネ

* 言語 [#b0b3857e]
-日本語
-英語

*渡航経験[#l7fb14b9]
- Surrey Space Centre (University of Surrey)~
2009年9月21日〜10月6日
- Deutsches Zentrum für Luft- und Raumfahrt, Bremen~
2010年7月〜

-19th AAS Space Flight Mechanics Symposium, Savannah, GA~
2009年2月
-60th International Astronautical Congress, Korea, Daejeon~
2009年10月

//#ref(AprilFool2009/kiku.gif,nolink)
//#ref(kiku.png,nolink)