Top / 宮崎一樹

Diff of 宮崎一樹


*&ruby(みやざき かずき){宮崎一樹};((OSによっては表示できませんが、ほんとうは「崎」は異字体の「」)) [#name]
RIGHT:[[>> English &ref(Images/USA-small.png,nolink);>Kazuki Miyazaki]] 
#ref(miyazaki.jpg,nolink,right,around)

//としひでへ。この前の写真です。
//--&ref(2009.5.2としひでと中洲観光.zip,,こちらをクリックしてください(ZIP,50.6MB));

-2008年 卒業([[日本大学>http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/]])
-2010年 修士課程修了[[ >http://students.aero.kyushu-u.ac.jp/web-mail/src/login.php]]

--[[メール送信フォーム&ref(Images/mail.gif,nolink);>SSDL-WWW:mail/form-alumni.html]]

-第三級アマチュア無線技士
-モデルロケット第三級
&br;
//--[[ホームページ>SSDL-WWW:]]

-研究活動
--[[スペースデブリ>SpaceDebris]]
---低軌道環境推移モデル
---軌道上大規模破砕のモデリング

-プロジェクト活動
--[[小型衛星プロジェクト>SmallSatellite]]
---QSAT C&DH系
---QSAT 姿勢センサユニット
---QSAT ホームページ管理人
---[[地上局KUGS>KUGS]] 運用メンバー
--[[CANSATプロジェクト>CANSAT]]
---2008年度 [[SCOREs>CANSAT/2008]]プロジェクトマネージャー
---能代宇宙イベント, ARLISSに参加
--[[衛星設計コンテスト]]
---2008年度 通信衛星を利用したデブリ観測システム

**学位論文 [#a8c8e6ea]

:超小型人工衛星の姿勢決定システムに関する研究 −太陽センサ開発−(学士論文)|Study on a Attitude Determination System of Nano-Satellites −Development of Sun Sensors−

:近年の大規模破砕の軌道環境に対する長期的影響の評価(修士論文)|Long-term Effects of Recent Major Breakup Events on the LEO Debris Population


**査読論文 -- 1件 [#a8c8e6ea]

:Orbital Debris Modeling at Kyushu University|
--Toshiya Hanada, Yuya Ariyoshi, Kazuki Miyazaki, Kazuaki Maniwa, Junko Murakami and Satomi Kawamoto
--The journal of space technology and science vol.24 no.2 2009 spring 

**対外発表 -- 7件 [#a8c8e6ea]

:九州大学における民生部品を利用した姿勢決定センサユニットの開発と評価|Development of COTS-based Sensor Unit for Attitude Determination
--宮崎一樹*, 加藤貴裕, 三桝裕也, 鶴田佳宏, Jozef C. van der Ha
--第53回宇宙科学技術連合講演会, 2E11, JSASS-2009-4274, pp. 1253-1258, 2009年9月10日.

:Impact of Fengyun-1C Accident on the LEO Debris Population|
--Kazuki Miyazaki*, Kazuaki Maniwa, Toshiya Hanada
--27th ISTS, 2009-r-2-03, July 7, 2009.

:小型衛星機能モデル“CanSat”を用いた実践教育|
--鶴田佳宏*, 宮崎一樹, 加藤貴裕, 三桝裕也, 上津原正彦
--九州大学ベンチャービジネスラボラトリー チャレンジ&クリエイションプロジェクト2008, 2009年3月17日.
--&color(red){総長賞};

:UNISECワークショップ2008九州大学宇宙機ダイナミクス研究室活動報告|
--永峰健太*, 宮一樹 
--UNISEC ワークショップ 2008, 2008年11月23日.

:中国衛星破壊実験の軌道環境に対する影響評価|How influence Chinese Anti-Satellite Tests to Orbital Environment
--宮一樹*, 眞庭知成, 鳴海智博, 花田俊也
--日本航空宇宙学会西部支部講演会(2008), A-3-1, pp. 67-68, 2008年11月14日.
--&color(red){学生最優秀講演賞};

:中国衛星破壊実験のモデリング|Modeling of Fragments Broken up from Fengyun-1C
--眞庭知成*, 宮崎一樹, 鳴海智博, 花田俊也
--日本航空宇宙学会西部支部講演会(2008), A-2-3, pp. 63-64, 2008年11月14日.

:学生の技術習得を目的とした CANSATプロジェクトについて|CANSAT project for student's practical education
--小野逸人*, 永峰健太, 宮崎一樹, 花田俊也
--日本航空宇宙学会西部支部講演会(2008), A-1-1, pp. 45-48, 2008年11月14日.