Top / 活動紹介

Diff of 活動紹介


*SSDLの活動 [#pd304a85]

>研究室の特徴は学生主導の下に小型衛星の研究開発を進めていることでしょう.50センチ立方級の相乗り小型副衛星の研究開発を通して,相乗り小型副衛星の活用,宇宙機を支える各種システムの高性能化,高効率化,並びに安全性の向上について研究しています.一方で,アストロダイナミクスをスペースデブリ(宇宙ごみ)問題に応用し,スペースデブリ分布の安定性/不安定性,スペースデブリ軽減策の有効性,人工衛星の生涯衝突率などを議論・評価するツールを開発しており,世界的な議論の場で日本のツールとして利活用されています.また,未知スペースデブリを効率よく観測する計画を提案したり,取得した画像から未知スペースデブリを検出するアルゴリズムの開発も進めています.そのほか,学生主導の小型衛星研究開発と連携して,スペースデブリ除去衛星,軌道上スペースデブリ観測衛星などの検討もしています.~
RIGHT:(文責:花田俊也)

-&ref(Intro2SSDL_JFY2015_revA.pdf,,研究室紹介文(平成27年度改訂) (PDF書類,1.3MB));
-&ref(Intro2SSDL_FY2016_NC.pptx,,研究室紹介スライド(平成28年度改訂) (PPT書類,2.0MB));

//-&ref(Intro2SSDL_JFY2011.pdf,,研究室紹介文(平成23年度改訂) (PDF書類,140KB));
//-&ref(Intro2SSDL(JP)_JFY2010.ppt,,研究室紹介スライド(平成22年度改訂) (PPT書類,962KB));

//-&ref(ssdl1999.pps,,研究室紹介スライド1999年版 (PowerPoint書類,925KB));
//--[[→PowerPoint Viewer 2003 の入手>http://office.microsoft.com/ja-jp/officeupdate/CD010798701041.aspx]]


**研究分野 [#z7a49e4e]
#ref(Intro_SSDL16(J).jpg,nolink)
#ref(IntroSSDL16(J).jpg,nolink)
-小型衛星
--設計・開発 (
[[QSAT>SSDL-WWW:qsat/]], 
[[UNITEC-1]], 
[[QTEX>SSDL-WWW:qtex/]]*, 
[[QUEST>SSDL-WWW:quest/index-j.html]]*, 
[[CanSat>CANSAT]],
IDEA,
OSSAM)
--テザー(衛星)のダイナミクス・軌道計画
--スペース・デブリを対象としたマルチランデブー問題
--[[衛星通信局>KUGS]]
-[[スペース・デブリ>SpaceDebris]]
--[[衝突実験>SpaceDebris/ImpactExperiment]]
--[[軌道計算,軌道推移モデル構築>SpaceDebris/OrbitalAnalysis]]
--地上光学観測の効率化,デブリ起源同定
--除去技術(低密度物質を用いた微小デブリ除去)
-[[衛星設計コンテスト]]((厳密には課外活動あつかい))
-その他
//--木星探査*
//--小惑星探査
//--ソーラーセイル
//--[[軌道上サービス衛星>フリーフライト・シミュレータ]]*
//--太陽発電衛星*

//RIGHT:(*印:現在休止していますが、希望者がいれば再開できます。)

**教育 [#edu]
-[[軌道摂動論]](大学院):花田
-宇宙機動力学(大学院):花田
//-[[航空宇宙機設計論・宇宙機コース]](4年生):花田
-[[軌道力学]](3年生):花田
-[[航空宇宙工学実験>AA_Experiment]](3年生):藤田
//-技術英語(2年生):花田
//-コアセミナー(1年生):藤田,花田
//-物理(日韓理工系学部留学生予備教育コース):平山

聴講者むけに[[講義資料を公開しています>講義資料]]

----
[[&ref(http://www.stk.com/images/agi_banner.gif);>http://www.agi.com]]