Top / 学位論文 / 学士論文

Diff of 学位論文/学士論文


#norelated

*学士論文 [#bachelor]
**2017年(平成29年)卒業 [#b2017]
:大渡慶太|衝突フラックス法を用いたスペースデブリの危険性評価
:花田充|帯電した微小粒子の軌道推移

**2016年(平成28年)卒業 [#b2016]
:板谷優輝|狭視野望遠鏡を用いた静止軌道上未知スペースデブリの探索手法の確立
:兒玉豊|接近解析法による微小デブリの軌道減衰の検証
:山根基暉|経済性と除去効果を加味した能動的スペースデブリ除去の軌道計画

**2015年(平成27年)卒業 [#b2015]
:榎本稔也|射出しない小型衛星を用いたロケット上段の姿勢計測についての研究
:塩見健太|接近解析法による微小デブリの除去個数の検証
:原田隆佑|非線形計画法による導電性テザーを推進機関とするデブリ除去衛星の軌道設計に関する研究
:Sonali Batra*|Evaluation of Future LEO Population in Different Time Periods by Removal of Targets (*G30国際コース)
**2014年(平成26年)卒業 [#b2014]
:小西慎吾|軌道部品接続法を用いた月・地球スイングバイ軌道の特性解析
:竹園和貴|接近解析によるGEO非制御物体の衝突リスク評価
:古本政博|摂動力を利用した軌道上でのテザー伸展に関する研究

**2013年(平成25年)卒業 [#b2013]
:田崎洸彦|磁気プラズマセイルと導電性テザーを用いた木星周回軌道への投入
:古田諭史|静止衛星とその近傍にある非制御物体の衝突リスク評価

**2012年(平成24年)卒業 [#b2012]
:池村晋吾|静止軌道における高面積質量比物体の起源同定に関する基礎研究
:大山智久|月スイングバイを用いた惑星間航行に関する基礎研究
:中庭好崇|静止軌道近傍における未確認破砕の検証に関する研究

**2011年(平成23年)卒業 [#b2011]
:池田沙織|Symplectic法を用いたGPS軌道の不安定解析
:嘉嶋秀一|低密度物質を用いたデブリ除去システムの検討
:國武成仁|環境モデル構築に向けた微小デブリ発生モデルに関する研究

**2010年(平成22年)卒業 [#b2010]
:神園仁志|Attitude Control for Asteroid Mission
:田川真|小型衛星群によるフェーズドアレーレーダを用いた軌道上デブリ
の実時間観測に関する研究
:日南川英明|小型衛星の衝突破砕により生じる破片の平均断面積推定法とモデル化に関する研究
:山田雅隆|低密度物質を用いたデブリ除去システムの検討

**2009年(平成21年)卒業 [#b2009]
:上津原正彦|Feasibility of Space Debris Observation System by Space-based Passive Radar
:小野逸人|超音波モータを用いた小型衛星用伸展ブームの研究・開発
:永野誠也|小型人工衛星用低衝撃分離システムの開発
:眞庭知成|低軌道地球環境推移モデル (LEODEEM) を用いたケスラーシンドロームの解析
:村上純子|Micro-Satellite Impact Tests to Investigate Multi-Layer Insulation

**2008年(平成20年)卒業 [#b2008]
:有吉雄哉|アマチュア無線地上局設備を用いた軌道決定手法の性能評価
:大西俊輔|線膨張係数の違いによる熱応力の衛星構体への影響
:近藤亮|超小型人工衛星用低衝撃分離機構の開発
:森永幸|衝突実験における再解析とモデル化

**2007年(平成19年)卒業 [#b2007]
:金本俊介|電気的アクチュエータを用いた人工衛星用分離機構の開発
:中島究|超小型人工衛星QSAT用アンテナの研究開発
:三桝裕也|The Next 100 years Projection of Debris in GEO
:宮田喜久子|Modeling Second Order Gravity Gradient Effects on Satellites of Arbitrary Shape

**2006年(平成18年)卒業 [#b2006]
:キムイヨン|小型衛星の伸展ブームの開発について
:草場大輔|人工衛星用低衝撃分離機構に関する研究
:鶴田佳宏|低速衝突破砕モデルの研究

**2005年(平成17年)卒業 [#b2005]
:中嶋恭柄|低速衝突による完全破壊のモデリング
:肥山雄一郎|地上用太陽電池及び地上用バッテリの宇宙利用に関する研究
:四元和彦|低コスト軌道決定手法の研究

**2004年(平成16年)卒業 [#b2004]
:赤木寛|NASA標準破砕モデルの低速衝突への適用性に関する研究
:大石篤|テザーを用いたDe-Orbitにおけるスペースデブリ衝突解析に関する研究
:大仲憲一郎|超小型衛星搭載用磁気トルカの製作・実験
:田中陽介|軌道間エレベータの運動解析

**2003年(平成15年)卒業 [#b2003]
:板橋孝昌|超小型衛星の熱設計環境の開発に関する研究
:笠原孝高|地上局ネットワークシステムの開発
:清家聡|太陽光入射角の影響による太陽電池性能に関する研究

**2002年(平成14年)卒業 [#b2002]
:浦本賢吾|パラグライダを用いた宇宙機着陸地点への制御
:坂口耕一郎|スペース・デブリ分布観測を目的とする軌道上衛星表面検査システムの開発
:宮崎基樹|テザー伸展における縦振動解析シミュレーション

**2001年(平成13年)卒業 [#b2001]
:西洋平|アルミハニカムサンドウィッチパネルの貫通限界測定
:西峯明子|テザーへのデブリの衝突解析
:安野誠一|超小型テザー衛星(QUEST)における子機射出機構の設計・製作
:矢野宏|軌道変換機シミュレータ挙動観察のためのセンサーユニットの較正

**2000年(平成12年)卒業 [#b2000]
:荒木亮一|リアクションホイールを用いた姿勢角制御
:大林泰隆|低価格簡易地上局による軌道決定のための測定データに関する検討
:齋藤敏克|CCDカメラ画像を用いた物体の位置姿勢の同定
:末松護|太陽電池の接続を負荷に応じて切替えることによる有効性の実証
:古野健一|デブリの三次元飛散解析

**1999年(平成11年)卒業 [#b1999]
:重松公平|金属薄板の貫通限界測定~
 〜 サンプラーホーン材料の選定 〜
:高木望|D-TESの構体設計
:中嶋理奈|太陽光によるデブリ軌道の変動
:山本丈晴|宇宙デブリの低速度衝突による太陽電池セルの損傷状況に関する研究

**1998年(平成10年)卒業 [#b1998]
:城井洋生|ソーラーセイルの軌道
:坂本祐二|超小型ダブルテザー衛星D-TESの構体システム設計
:下村慎吾|サンプラーホーン材料強度試験
:高見豪|超小型衛星D-TESの開発~
 ― リール機構の考察 ―
:中野健二|太陽電池直結によるDC MOTORの動特性試験

**1997年(平成9年)卒業 [#b1997]
:出田武臣|結合系の応答
:海野貴弘|小惑星アンカーリングの研究
:西山剛|デブリ軌道
:富貴大輔|斜め入射による構造物の損傷
:吉村健太郎|軌道変換機シミュレーションに関する研究

**1996年(平成8年)卒業 [#b1996]
:大浦賢一|小惑星サンプラーの研究~
 ― コアビットを用いたサンプリングの基礎研究 ―
:小笹哲彦|静止軌道周辺物体へのランデブー
:古西祐二|軌道変換シミュレータの推力測定
:西原秀信|H-IIロケット第二段に関する有効利用の検討
:原田新太郎|静止軌道を想定したデブリ衝突の模擬実験
:松岡敬|静止衛星に対する種々の軌道のデブリの衝突確率

**1995年(平成7年)卒業 [#b1995]
:後藤弘毅|静止軌道を想定したデブリの低速衝突実験
:[[中村泰則>三隅泰則]]|静止軌道近傍におけるランデブー軌道