Top / 花田俊也

Diff of 花田俊也


*&ruby(はなだ としや){花田俊也}; [#name]
RIGHT:[[>> English &ref(Images/USA-small.png,nolink);>Toshiya Hanada]]
#ref(thanada.jpg,nolink,right,around)
-教授
-博士(工学)

--[[九州大学研究者情報データベース>http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search-cgi/details/K001344]]
--[[メール送信フォーム&ref(Images/mail.gif,nolink);>SSDL-WWW:mail/form.html]]
--[[メール送信フォーム&ref(Images/mail.gif,nolink);>http://www.aero.kyushu-u.ac.jp/formmail/perlmail.html]]
--[[Twitter>https://twitter.com/thanada65]]
--[[Facebook>http://www.facebook.com/thanada65]]
--[[ResearchGate>https://www.researchgate.net/profile/Toshiya_Hanada]]

**略歴[#biog]
平成6年3月に九州大学大学院工学研究科応用力学専攻博士後期課程を修了,博士(工学)を取得.平成6年4月に九州大学工学部助手に採用.現在,九州大学大学院工学研究院[[航空宇宙工学部門>http://www.aero.kyushu-u.ac.jp]]教授,[[国際宇宙天気科学・教育センター>http://www.serc.kyushu-u.ac.jp/]]教授を併任.軌道力学,宇宙機動力学,軌道摂動論の授業を担当.研究のポイントは,日本のSF漫画「プラネテス」のテーマでもあるスペースデブリについて,スペースデブリを回収する必要があるのかどうか,検証すること.答えを見出すために,九州大学の大学院生の発案によるプロジェクト[[IDEA(In-situ Debris Environmental Awareness)>http://idea.aero.kyushu-u.ac.jp]]を総括している.[[U.S. National Research Council>http://www.nationalacademies.org/nrc/]]と九州大学の助成・支援を得て,[[NASA Orbital Debris Program Office>http://orbitaldebris.jsc.nasa.gov/index.html]] に滞在した経験を有する.

**職歴 [#career]

:平成 6年 4月 九州大学助手(工学部)採用|
:平成 9年 4月 九州大学助教授(工学部)昇任|
:平成 9年 4月 九州大学大学院工学研究科担当|
:平成11年 4月 九州大学助教授(大学院工学研究科)配置換(工学部兼任)|
:平成12年 4月 九州大学助教授(大学院工学研究院)配置換(工学部併任)|
:平成12年 4月 九州大学大学院工学府担当|
:平成14年 4月 九州大学助教授([[宙空環境研究センター>http://www.serc.kyushu-u.ac.jp/]])併任|
:平成18年 4月 宇宙航空研究開発機構客員助教授(宇宙科学研究本部)兼任|
:        (平成19年6月まで)|
:平成19年 4月 九州大学准教授(大学院工学研究院)職名変更|
:         九州大学准教授([[宙空環境研究センター>http://www.serc.kyushu-u.ac.jp/]])職名変更|
:平成19年 7月 宇宙航空研究開発機構客員准教授(宇宙科学研究本部)職名変更|
:        (平成22年3月まで)|
:平成23年11月 九州大学教授(大学院工学研究院)昇任(工学部兼任)|
:平成24年 4月 九州大学教授([[国際宇宙天気科学・教育センター>http://www.serc.kyushu-u.ac.jp/]])併任|

**受賞歴 [#y550e1e6]

:第10回(平成12年度)日本航空宇宙学会賞(論文)|
--静止軌道スペース・デブリ環境に関する推移モデル
---花田俊也,八坂哲雄
---日本航空宇宙学会論文集 第48巻 第552号19-25頁

:Sustained Superior Professional Achievement Award|
--Received June 2006 from [[NASA Orbital Debris Program Office>http://orbitaldebris.jsc.nasa.gov/index.html]] for providing innovative satellite low-velocity and hypervelocity impact experiments and excellent contributions to improve the knowledge of the outcome of satellite fragmentation.  

:Best Poster Award, Second Prize|
--Received at  the 27th International Symposium on Space Technology and Science, Tsukuba, Ibaraki, July 5-11, 2009
--Development of a New Type Sensor for Micrometeoroid and Space Debris In-Situ Measurement at JAXA
---Yukihito Kitazawa, Akira Sakurai, Tetsuo Yasaka, Kunihiro Funakoshi, Toshiya Hanada, Haruhisa Matsumoto
---[[Paper 2009-r-2-37p>http://archive.ists.or.jp/upload_pdf/2009-r-2-37p.pdf]]

:Sustained Superior Professional Achievement Award|
--Received September 2009 from [[NASA Orbital Debris Program Office>http://orbitaldebris.jsc.nasa.gov/index.html]] for conducting state-of-the-art satellite low velocity and hypervelocity impact tests to acquire new data on modern microsatellite construction materials, solar panels, and multi-layer insulation debris to advance the knowledge of the outcome of satellite fragmentation.  

**所属学会 [#sed14e7d]
:昭和62年10月 – 現在|
--[[日本航空宇宙学会>http://www.jsass.or.jp/web/]]

:平成 元年 1月 – 現在|
--[[日本機械学会>http://www.jsme.or.jp/index.html]]

:February 2002 – present|
--Senior Member of [[American Institute of Aeronautics and Astronautics>http://www.aiaa.org/index.cfm]]  (Member, July 1994 – January 2002)

:July 2014 - present|
--Corresponding Member of [[International Academy of Astronautics>http://www.iaaweb.org]] (Section 2 - Engineering Sciences)

#norelated