Top / 衛星設計コンテスト

Diff of 衛星設計コンテスト


*衛星設計コンテストとは [#f2781d01]
近年の宇宙開発において、人々はこれまでにないほど宇宙に興味を持ち始めている。一方で、これを研究する学生は、現実問題として宇宙と接することはきわめて少ない。
~そこで学生が宇宙をより身近なものに感じることができるようにというコンセプトのもと、平成5年から年に一回、日本宇宙フォーラムや日本航空宇宙学会らの主催により、衛星設計コンテストが開かれている。
~九州大学では、第3回からこのコンテストに出品している。

-[[衛星設計コンテストの公式サイト>http://www.satcon.jp/]]

*最終審査会発表テーマ [#p49090b9]

||応募部門|代表者|テーマ名称|受賞|h
|第3回(1995)|アイデア|後藤弘毅|Tumble Orbit Transferの理論検証||
|第3回(1995)|アイデア|中村泰則|テザーを用いた宇宙探測衛星||
|第4回(1996)|アイデア|西原秀信|[[Space Gas Station ─ H-II第2段の再利用計画 ─>SSDL-WWW:sat-design/gas-station/index-j.html]]|日本航空宇宙学会賞|
|第4回(1996)|設計|中村揚介|[[テザー衛星によるオーロラ観測>SSDL-WWW:alumni/yosuke/contest/main-j.html]]||
|第5回(1997)|アイデア|高木淳治|[[人工彗星>SSDL-WWW:sat-design/comet/mframe.htm]]||
|第6回(1998)|アイデア|城井洋生|[[地球近傍小惑星検出人工惑星>SSDL-WWW:sat-design/neodap/index.html]]|奨励賞|
|第6回(1998)|設計|坂本祐二|[[月周回カメラ衛星LUNA2001の提案>SSDL-WWW:sat-design/luna/index.html]]|設計大賞|
|第7回(1999)|設計|高木望|[[テザーによる衛星軌道変換TOSS>SSDL-WWW:sat-design/toss/index.html]]|日本航空宇宙学会賞|
|第10回(2002)|設計|宮崎基樹|テザー衛星を用いた2点デブリ観測システム|審査員特別賞|
|第11回(2003)|設計|河村知浩|軌道間エレベーター実証衛星 Q-SET|日本航空宇宙学会賞|
|第12回(2004)|設計|若槻太健|Q−TEAM|地球電磁気・地球惑星圏学会賞|
|第13回(2005)|設計|今津貴文|流星「&ruby(にゅう){紐};」|日本航空宇宙学会賞|
|第15回(2007)|アイデア|宮田喜久子|深宇宙高精度位置決定システム|電子情報通信学会賞|
|第19回(2011)|設計|上津原正彦|微小デブリ環境モニタリング|日本機械学会宇宙工学部門&br;一般表彰スペースフロンティア|
|第23回(2015)|設計|榎本稔也|非射出型衛星によるロケット上段の姿勢計測|宇宙科学振興大賞|
|第23回(2015)|設計|榎本稔也|非射出型衛星によるロケット上段の姿勢計測|宇宙科学振興会賞|