Top / UNITEC-1

UNITEC-1

_ 深宇宙衛星 UNITEC-1(UNIsec Technological Experiment Carrier-1)

公式サイト http://www.unisec.jp/unitec-1/

UNITEC-1は、大学宇宙コンソーシアム(UNISEC)に加盟の、20大学・高専で共同開発した超小型人工衛星です。2010年5月頃、JAXAの金星探査機「あかつき」(PLANET-C)に相乗りで、種子島からH-IIAロケットで打ち上げられる予定です。「あかつき」とともに、金星へ向かう軌道に投入されると、大学の衛星としては世界で初めて地球の重力圏を脱し、深宇宙衛星となります。

九州大学・宇宙機ダイナミクス研究室は、UNITEC-1の熱・構造系の設計を担当しました。主構造はQTEXQSATでの経験をもとに、Windmill形式(通称「四畳半」)を採用しています。

Last-modified: 2010-02-19 (Fri) 16:49:20 (2709d)