Top / QSAT / Subsystem / CDH

QSAT/Subsystem/CDH

_ データ処理系

データ処理系の役割は,衛星のHKD(ハウスキーピングデータ)やミッションデータなどを 管理し,各機器を動作させるためのコマンドを送るための“頭脳”を提供することです.

  • 責任者
    	九州大学・宇宙機ダイナミクス研究室 	M2 	永峰 健太
  • 構成ユニット
    • 管理基板   各機器に共通のOBC,インターフェイスを搭載した基板.

_ ハードウエア

  • 管理基板
    • H8S/2638
    • DC/DCコンバータ(12V → 5V)
    • CANインターフェイス

_ ソフトウエア

  • リアルタイムOS:Quartet,Quartet2, Quintet
    • ユーティリティ機能
  1. 基本関数
    1. state
    2. newstate
    3. watch イベント定数 ※最大32個までイベント登録可能
      イベント内容設定値
      CLOCK一定周期の経過0x0001
      TIMER一定時間の経過0x0002
      WDTウォッチドッグ用周期(512msec)の経過0x0004
      ADC内臓ADCのAD/変換終了0x0008
      RCRCAN受信完了0x0010
      TCECAN送信バッファ空き0x0020
      RXRシリアル受信完了0x0040
      TXEシリアル送信バッファ空き0x0080
      XADCMAX197のA/D変換終了0x0100
      • watchによる複数イベントでの条件分岐可能
      • イベントによる条件分岐はネスト可能
  1. SCI関係
    1. getrecord
    2. putrecord
    3. scimargin
    4. sciflush
    5. getlength
  1. 文字列編集用
    1. strdcat
    2. strdcatw
  1. CAN
    1. canwrite
    2. canput
    3. canget
    4. canread
    5. canflt
    6. canfltclr
    7. cantec
    8. canrec
  • UID: 0-255
  • DID: 0-255
  1. Clock/Timer関係
    1. setclock
    2. settimer
    3. msleep
    4. usleep
    5. wdt_start
    6. wdt_stop
    7. wdt_clear
    8. nmi_interrput
  1. 内臓10bitA/D変換関係
    1. startADCs
    2. stopADCs
    3. getADC
  1. 外付け12bitA/D変換(MAX197)関係
 
Last-modified: 2010-01-14 (Thu) 20:16:58 (2808d)