Top / CANSAT / 2009 / ARLISS旅行記

CANSAT/2009/ARLISS旅行記

_ 9月12日 出発

今回のARLISSにはCANSATメンバー全員(M1杉本、M1横田、B4神園、B4日南川、B4田川、B4山田)+学生運営代表のM2永峰で参加しました。福岡の出発の朝はあいにくの雨…しかし無事福岡空港を出発し、アシアナ航空でソウルのインチョン空港経由でロサンゼルスまで、そしてユナイテッド航空でリノまで飛行機で移動。福岡空港では、横田さんが買ったばかりの飲み物を搭乗直前ですぐに捨てられるという伝説を残しました。ロサンゼルスでは、永峰さんがみんな大好きなPLAYBOYを買い、みんなで熟読。リノではレンタカーの手続きに時間をとられましたが、どうにか2台借りることができ、得意の左ハンドルでBest Western Fernley Innを目指しました。道中、とある車の積荷が道路に散乱していたらしく、とんでもなく渋滞。そして夕方無事到着。とりあえずその日の夕食は、いきなりピザとKFCを食べました。今後の食生活が不安です。

出発.jpg

_ 9月13日 大会前日

朝8時に起床。甘い朝食を食べ、最後に塩をなめ、ほっと一息。すでに味噌汁が恋しいです。11時に学生運営代表の方の車についていき、集合場所であるBruno'sを目指しました。しかし、気づいたら砂漠の会場に到着。Bruno'sに3時集合だったので、自分たちは3時までそこで待機することに…。その間、ペーパードライバーの田川神園山田が車を運転して砂漠を移動し、車の影に隠れてみんなで野ション。なんとも言えない解放感を味わいました。そのあと神園はずっと爆睡。3時半ごろに、続々と車が会場に集合。事前ミーティングを行い、打ち上げ順番は5番目になりました。夕食は宿泊先近くのレストラン(Jake's Restaurant)でステーキを食べました。手違いでチップを忘れたので、もう当分いけないでしょう…。その後、帰宅しCANSATの準備に取り掛かりましたが、帰着メールを送り忘れ、永峰さんに本気で怒られました。自分たちの考えの甘さに気づき反省…。対策を考え、切り替えて準備に再び取り組みました。気づいたら只今朝の5時。今からすぐに砂漠の会場に向かいます。

ブラックロック砂漠到着.jpg

_ 9月14日 大会初日

朝5時半にFernleyを出発。砂漠についたときに半袖で来たことを後悔する横田さんと山田。昼ごはん用に永峰さんに頼まれていたSubwayですが、手違いでサラダのみを買ってきました。ただのサラダです。永峰さんは泣き笑いながらサラダに食らいついていました。CANSATの計量をクリアし、フライヤーのチャーリーさんのもとへ。お土産に博多ラーメンをあげました。メンバーの名前をロケットに書き、ロケットを打ち上げ場に運び、静かに打ち上げを待つ。杉本さんのCANSAT紹介後、Fire!! はるかかなた4km上空へ飛び立ちました。その後、どこにいったか目視することが難しかったのですが、永峰さん曰く周期的に光るものが見えたとのこと。おそらくきりもみ状態となり、スパイラル飛行をしてしまったのだろうという見解でした。地上で腹(筐体)を上にしたCANSATを発見。分離は、サーボの線は切れていたようですが、筐体自体の紐は完全に切れておらず(紐が穴に食い込んでいた)、分離は失敗し、中でローバーが空転し、モーターのいやな音が聞こえている状態でした。GPSデータも途中で途切れてしまっていました。次のフライトに向けての課題は三つ。一つは、筐体にロードパス的な何かをつけ、ローバーへの負担を少しでも減らす。もう一つは、カイト及びローバーの修理。最後に、分離機構の紐が通る穴の強度強化。今宵も寝られそうにないな…。
ところで今日はIAC派遣メンバーの人と田川が初顔合わせをしたみたいでした。各大学へのインタビューがんばってもらいたいです。

打ち上げ.jpg

_ 9月15日 大会二日目

朝6時Fernley出発。会場ではさっそく準備にとりかかりました。Walmartで買った日南川田川のビーフジャーキーが好評で、Publicになりました。昨日の課題をこなし、さっそく打ち上げ。フライヤーはアルクさん。今回は日南川のアナウンスでFire!! ロケットとともにCANSATははるかかなたへ…。永峰さんによると、周期的に光るものもなく順調に飛行しているのではないのかとのこと。自分たちは目視では確認することは難しかったです。永峰さんの視力にただただビックリ。無事地上で発見。なんと着地はうまくいっており、分離もできていました!!パチパチパチ!!だが着地のローバーへの負担が大きかった事もあり、ローバーは分離後すぐに止まっていたようでした。モーターの悲痛な叫びが聞こえていました。おしい。しかし、大成功!!この日はAeroPacの方たちのNight Flightがあるので、その時間まで暇をつぶすためにBruno'sへ。バーでコーラを飲みました。映画で見るような場所で少し感動。その後Bruno'sのレストランで夕食を食べました。Night Flightはロケットがきれいというより、正直夜空の方が半端なく奇麗でした。

着地後.jpg

_ 9月16日 大会三日目

自分たちの打ち上げは二日目までで終わったので、三日目以降は時間に余裕ができました。杉本さんと神園を残し、残りのメンバーでまたブラックロック砂漠を目指しました。大好きなSubwayを買って…。あとサッカーボールを買って…。この日は固定翼機の慶応大学が300mという記録をだし、制御もしているようでしたが、データが残っていないという状況。東北大のローバーは着地のときにコネクターが外れた様子。東工大の坂本先生に制御履歴及びサクセスレベルの達成度を報告するためにBruno'sに向かいました。フライバックの飛行経路などを三次元ではなく二次元にもして結果報告会に出すようなわかりやすいものにしてくれとのこと。だいたい全体的にはOKのお言葉をいただきました。その後、とりあえずサッカーをして靴を砂まみれにして休憩。そして帰り途中に気になっていた湖で休憩。今日の夕食は初日と同じくDomino's Pizza。なんかよくわからないけど$10ほど安くしてくれたみたいです。よかった、よかった。

サッカーボール.jpgザ道路.jpg

_ 9月17日 大会四日目(大会最終日)

大会最終日。大好きなSubwayのサンドウィッチを買い、昼前にFernleyを出ました。田川のIACのインタビューに付き添い、それ以外の時間は他のCANSATの打ち上げを見たり、サッカーをして時間を過ごしました。最後にテントの片づけを手伝い、ブラックロック砂漠ともお別れの時間が近づいてきました。とりあえず、写真をいっぱいとってさようなら。帰りに夕食用の冷凍食品を買って帰宅。アメリカの冷凍食品の味に悶絶しながらも少し食べ、あとは捨てました。あれは無理だ…。ちなみに神園は二日連続Fernleyで待機。もはや神園にとってFernleyは庭みたいなものだな。

さらばブラックロック砂漠.jpgSUBWAY.jpg

_ 9月18日 結果報告会&大移動

朝6時にFernleyを離れ、Bruno'sへ向かいました。結果はカムバックコンペティションで2位。ミッションコンペティションで1位という好成績。信じられない!実は統合試験をしたのは本番が初めてだったのに…。みんなよくやりました。ミッションコンペティションの賞金で中須賀先生から$500を頂きました。カムバックの方は、200m以内にならないと賞金の対象にならず、来年度に繰り越しに。来年は200m以内に入ったら大きいぞ〜。これでCANSATも終わりとなると少しさびしい気がしないでもないですが、とりあえず終わりです。みなさんお疲れ様でした。その後はラスベガスへ向けて、Bruno'sから約8時間の大移動。途中に寄ったWalmartのSubwayで永峰さんにおごっていただき、お世話になったWalmartのSubwayとも今日でお別れ…。さみしいです。さらに途中でタポカと呼ばれる街(アメリカで星が一番きれにみえるらしい)に寄り、星を眺めました。夜には無事ラスベガスに到着。そこはまさに神の領域。ホテル(LUXOR)すげ〜ピラミッドすげ〜タワ〜すげ〜カジノすげ〜ホールダンサーすげ〜とかいいながら現在午前3時。明日は朝6時起きで約7時間かけてグランドキャニオンにいきます。昨年の真庭さんの携帯を探すのが今回のミッションです。頑張ります。

サングラスと賞状.jpg

_ 9月19日 グランドキャニオン

朝7時ラスベガス出発。約6時間かけてグランドキャニオンを目指しました。ちなみにグランドキャニオンに車で入るには一週間で一台$25かかります。壮大な景色を堪能し、高所恐怖症の田川をからかいつつグランドキャニオンを満喫。最後に二台にわかれて観光しましたが、一台が道に迷い、出発する時間が遅れました。7時過ぎにグランドキャニオンを出て、お土産を買い、ラスベガスへ。過酷なスケジュールが原因でみんなに疲れがみえました。今夜はゆっくり睡眠をとることにします。

グランドキャニオン1.jpgグランドキャニオン2.jpg

_ 9月20日 ラストラスベガス&ロサンゼルスへ移動

朝11時にLUXORを出ました。ロサンゼルスを目指して最後の車移動(約5時間)。サンタモニカでステーキを食べ、ここからは自由行動です。大半の人たちは、みんなが大好きBest Westernへ。明日からの計画を練り、ゆっくり休みます。

サンタモニカ1.jpg

_ 9月21日 別行動(ハリウッド組)

横田田川神園山田の4人でハリウッドを目指しました。ハリウッドサインを見ようと山を登りましたが、一向に見えない…。普通に地下鉄出口付近の観光地的なところから遠眼で見て十分満足しました。帰りのバスで迷い、ロサンゼルスを何度も往復しました。神園の大活躍で無事宿泊先に辿り着き、鶏肉を食らいついて寝ました。明日はまたまたサンタモニカに行きます。

ハリウッド.jpg

_ 9月22日〜24日 別行動(サンタモニカ)&帰福

朝7時起床。8時に出発。これでBest Westernとも本当にお別れです。大変お世話になりました。バスと電車に乗り、再びサンタモニカへ。たくさんのお土産を買い、ステーキを食べ、LAXへ。無事全員集合でき、23日またぎで福岡に帰りました。福岡空港では宮崎さんに迎えられました。これで今回のアメリカ遠征は終わりです。

サンタモニカ2.jpg宮崎さん.JPG

最後になりましたが、今回のアメリカ遠征は、とても貴重な経験になりました。
ご支援して下さった企業の皆様、研究室の先生方やメンバーにはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

 
Link: CANSAT(2328d) CANSAT/2009(2328d) WebLog/2010-03-31(2577d) 山田(2929d) 日南川(2929d) 田川(2929d) 神園(2929d) 横田(2931d) 杉本(2931d) 宮崎(3201d) 真庭(3292d) 永峰(3301d) 坂本(3481d)
Last-modified: 2010-03-31 (Wed) 12:36:58 (2580d)