Top / 鳴海智博

鳴海智博

_ 鳴海智博(なるみ ともひろ)

narumi.jpg
  • 自律ビークル設計における分散システムの開発
    (平成14年度九州大学学士論文)
  • 相補性フィルタを用いた小型無人機の姿勢推定法
    (平成16年度九州大学大学院修士論文)
  • 地球低軌道におけるスペースデブリ環境の推移モデル
    (平成19年度九州大学大学院博士論文)
  • 論文・発表
  • 地球低軌道スペースデブリ環境における推移モデル
    鳴海 智博, 花田 俊也, 河本 聡美
    (日本航空宇宙学会宇宙技術,Vol. 7,pp.11-17,2008年)
  • 地球低軌道におけるスペースデブリ環境の推移モデル
    鳴海智博花田俊也*,河本聡美
    (第3回スペースデブリワークショップ,2008年1月)
  • New Orbit Propagator to Be Used in Orbital Debris Evolutionary Models
    Tomohiro Narumi and Toshiya Hanada
    (九州大学工学紀要67巻4号,2007年12月)
  • SPACE DEBRIS MODELING IN JAPAN
    Satomi Kawamoto, Tomohiro Narumi, Toshiya Hanada, Akira Kato,
    (58th International Astronautical Congress, IAC-07-A6.2.04, Sep., 2007)
  • LEO Debris Environment Modeling in Japan
    Tomohiro Narumi*, Toshiya Hanada, Satomi Kawamoto, Seishiro Kibe
    (57th International Astronautical Congress, IAC-06-B6.2.06, Oct. 6, 2006)
  • Current Status of Low Earth Orbital Debris Modeling in Japan
    Tomohiro Narumi*, Toshiya Hanada, Satomi Kawamoto, Seishiro Kibe
    (25th International Symposium on Space Technology and Science, 2006-r-2-11, June 6, 2006)
  • 地球低軌道におけるスペースデブリ環境の推移モデルに関する研究
    A Study on Evolutionary Model of Low Earth Orbital Debris Environment
    鳴海智博花田俊也、河本聡美、木部勢至朗
    (衝撃波シンポジウム、横浜国立大学、2006年3月)
  • Flight Experiment of the Capsule with the Deployable Flexible Aeroshell Using a Large Scientific Balloon
    Kazuhiko Yamada*, Takashi Abe, Daisuke Akita, Keisuke Kinumoto, Yukihiko Matsusaka, Tomohiro Narumi, Akira Sakurai, Eiji Sato, Kojiro Suzuki, Yuuki Tsutsumi, Kazuhiko Wakatsuki
    (56th International Astronautical Congress, IAC-05-D2.6.05, Oct. 20, 2005)
  • 柔構造大気突入機の自由飛行試験
    山田和彦、秋田大輔、佐藤英司、鈴木宏二郎(東大)、鳴海智博、桜井晃(九大)、堤裕樹、若月一彦(東海大)、安部隆士、松坂幸彦(ISAS, JAXA)
    (宇宙科学シンポジウム、相模原、2005年1月)
  • 無人飛行機の搭載システムの開発
    *梅村善則,鳴海智博,森田大介,金正浩,長崎秀司,桜井晃
    (日本航空宇宙学会西部支部講演会、2004年10月22日)
  • Development of the Distributed Onboard System for UAVs
    Jeong-ho Kim*, Norifumi Ikeda, Daisuke Morita, Tomohiro Narumi, Shin-Ichiro Higashino, and Akira Sakurai
    (AIAA-2004-6539, AIAA 3rd "Umnanned Unlimited" Technical Conference, Workshop and Exhibit, Chicago, Illinois, Sep. 20-23, 2004)
  • An Attitude Estimation Algorithm for Miniature Aerial Vehicles Using Multiple Sensors
    Tomohiro Narumi
    (The 5th Korea/Japan Joint Workshop, July, 2004)
  • Flight Experiment of Capsule-Type Vehicle with Membrane Aeroshell by Means of Large Scientific Baloon
    Eiji Sato*, Kazuhiko Yamada, Kojiro Suzuki, Takeshi Abe, Daisuke Akita, Eiko Nakazawa, Masafumi Kiuchi, Yuki Tsutsumi, Kazuhiko Wakatsuki, Akira Sakurai, Tomohiro Narumi, Yukihiko Matsuzaka, and Issei Iijima
    (24th International Symposium on Space Technology and Science, Miyazaki, June, 2004)
  • 膜構造を持つカプセル型飛行体に関する宇宙研大気球を用いた高速飛翔実証
    *鈴木宏二郎、山田和彦、秋田大輔、中澤英子、木内真史、佐藤英司、堤裕樹、若月一彦、鳴海智博、桜井晃、安部隆士、松坂幸彦、飯島一征
    (科研費空力班シンポジウム、湯布院、2004年1月)
  • 宇宙研大気球による柔構造エアロシェルを有するカプセル型再突入体の高速飛翔実証試験
    鈴木宏二郎、*山田和彦、秋田大輔、中澤英子、木内真史、佐藤英司、堤裕樹、若月一彦、鳴海智博、桜井晃、安部隆士、松坂幸彦、飯島一征
    (大気球シンポジウム、相模原、2003年11月)
  • 膜構造を用いた新しい宇宙輸送システムと宇宙研大気球による高速飛行試験
    *鈴木宏二郎、山田和彦、秋田大輔、中澤英子、木内真史、佐藤英司、堤裕樹、若月一彦、鳴海智博、桜井晃、安部隆士、松坂幸彦、飯島一征
    (宇宙科学技術連合講演会、新潟、2003年10月)
  • その他
 
Attach file: filenarumi.jpg 625 download [Information]
Last-modified: 2012-04-03 (Tue) 09:21:44 (2026d)