Top / 対外発表 / 2018

対外発表/2018

対外発表/2018


_ 対外発表 2018年(平成30年)

_ 論文

An Environmental Estimation Model for In-situ Measurements of Small Space Debris
Precise Time Estimation of On-orbit Satellite Fragmentations
Evaluation of Space Debris Mitigation Measures Using a Debris Evolutionary Model
  • Satomi Kawamoto, Takayuki Hirai, Shiki Kitajima, Shuji Abe, and Toshiya Hanada
  • Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol.16, No.7, 2018, pp.599-603.
Estimation of Orbital Parameters of Broken-up Objects from In-situ Debris Measurements

_ 解説記事

_ 講演

微小デブリの軌道上観測データを用いた環境推定モデル
Environmental Estimation on Sub-millimeter-size Debris Utilizing In-situ Measurement Data
Determination of Harmful Space Debris Using two Collision Calculation Algorithms
Estimation of Orbital Environment Incorporating Environmental Change Due to Major Breakups Utilizing In-situ Measurements
Constrained Admissible Regionに基づくEISCAT検出デブリの軌道推定
  • 藤田浩輝, 花田俊也, 吉川顕正, 山岡均, 柳沢俊史, 松本晴久, 神谷浩紀, 北澤幸人, Jussi Markkanen, 小川泰信
  • 第62回宇宙科学技術連合講演会,福岡県久留米市,平成30年10月24日
軌道上観測による微小デブリ環境推定手法の構築
テザー衛星の多質点モデルに関する運動解析
光学観測を用いた接近判定精度の向上
ライトカーブインバージョン実証衛星“Q-Li”の開発
非対称物体の姿勢・質量特性推定
  • 吉村康広,原田直輝,小島広久広,花田俊也
  • 第62回宇宙科学技術連合講演会,福岡県久留米市,平成30年10月26日
楕円軌道の衛星を用いた軌道上観測における 衝突フラックスの計算方法
低軌道デブリの軌道上光学観測
環境改善効果とミッション開始時期を考慮した現実的な複数個 能動的デブリ除去の軌道設計
  • 川野舞人花田俊也
  • 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2018)講演集,JSASS-2018-S031,福岡県福岡市,平成30年11月22日
Last-modified: 2018-11-28 (Wed) 16:31:38 (17d)